トランクルーム利用でも起こり得る近隣トラブル

2021年10月13日

手をつなぐ

 

 

 

トランクルームの利用で多いトラブルとして、保管している荷物の劣化があります。これは契約するトランクルームのタイプと保管する荷物の相性などを考慮し、またお客さまご自身の管理によってある程度は回避できるかと思います。

 

実はこうした荷物の劣化問題のほかにもありがちなトラブルが、トランクルーム利用の際の近隣トラブルです。

ここでいう近隣トラブルとは、同じトランクルームの施設を利用している方や施設周辺に住まわれている住人の方々が対象となるものです。

 

つまり、トランクルームを利用する際にも、隣近所との関わりが発生するということをおぼえておいてください。

 

どんな近隣トラブルがあるのかというと、屋内外のトランクルームのタイプを問わず、主に次の2つがあります。

 

1、異臭トラブル

2、荷物の搬入・搬出時の駐車場ならびに騒音トラブル

 

異臭トラブルについては、トランクルームに保管してある荷物が腐敗するなどして悪臭を放って起こるトラブルです。

基本的にトランクルームでは、生物などの腐りやすい荷物の保管は禁止されています。ルールを守っていれば起こり得ないと思われるかもしれませんが、荷物を長期間放置していると、意外な荷物から悪臭が発生していることがあります。

 

トランクルームは各室が仕切られているとはいえ、異臭を防ぐ構造にはなっていません。屋内型トランクルームには空調設備がありますが、かといって空気清浄機能があるわけではありません。

 

トランクルーム内に悪臭が発生すると荷物に臭いが移ってしまう可能性も考えられます。

 

臭いのトラブルはお客さまご自身が加害者になることもあれば、被害者になることもあり得ますの要注意です。

 

異臭トラブルの対策としては、まずトランクルームの契約書にある禁止事項をたしかめ、保管していい荷物と保管してはいけない荷物をしっかりと確認するようにしましょう。

 

トランクルームに保管するご自身の荷物をチェックし、たとえば子供のおもちゃに液ダレの怖れがある古い乾電池が入ったままでいないかなどを確認しておくことをオススメします。

 

また、個人的な感想なのですが、こうした異臭問題や荷物の劣化の主因として、「トランクルームに預けているから、もういいや」という荷物の放置があるように思えます。

 

たしかにトランクルームは、生活スペースにゆとりを持たせるため、手軽に利用できる荷物の保管場所です。ということは、お客さまにとって、捨てるに捨てられない大切な荷物を保管しているのではないでしょうか。

 

トランクルーム内で起こり得るトラブルを防いだり、早期に気づいて対処したりするためにも、定期的に荷物をチェックすることが大事だと考えます。

月に一度とまではいかなくとも、季節の変わり目に荷物を再確認する。

荷物を放置しっ放しにするのではなく、大切な荷物をいつでもすぐに使えるよう定期的に確認しておくようにしましょう。

 

次に荷物の搬入・搬出時の駐車場や騒音トラブルについてです。

 

トランクルームを利用する場合、搬入・搬出時には車を使うお客さまが多くいらっしゃいます。しかし、屋内外を問わずに駐車スペースには限りがあります。

そのため、他の利用者とかち合ってしまい、トラブルに発展することがあり得ます。

 

特に大きなスペースのある屋外型トランクルームを初めて利用する際、荷物が多いため運び入れに時間がかかるものです。トランクルームの初心者であれば、どんなふうに荷物を保管すればいいのかを迷うなどして、なおさら時間がかかってしまうこともあります。

 

ちょっとした荷物の出し入れであれば、5分ないし10分程度で完了できるかもしれませんが、状況によっては30分あるいは1時間もかかることがあるかもしれません。

 

こうした搬入・搬出時に起こり得るトラブルの回避策としては、譲り合いの気持ちでということしかいえません。

となると、身も蓋もないようですが、実際問題としてこうしたトラブルは運営会社としても対処できないのが現実です。

 

ここでアドバイスできるとしたら、荷物が多い場合の搬入・搬出は朝の早い時間や夜間が考えられます。

 

ただし、早朝や夜間は騒音トラブルに十分注意するようにしてください。

エンジンを長時間かけっ放しにしたり、大きな物音を立てたりは絶対にしないようにしてください。

理由はいうまでもありません。

施設の周辺に住まわれている近隣住民の方々の迷惑になったり、不快な思いをさせてしまったりすることがあるからです。

 

搬入・搬出時のトラブル対策としては、平日の昼間に行うということも選択肢です。

土日、休日よりもトランクルームの利用者は少ない傾向にありますので、荷物の量が多い場合は平日の搬入・搬出がオススメかと思います。

 

また、屋内型トランクルームでありがちなトラブルが、エレベーターの独占です。

エレベーターのケージに荷物を山積みして、搬入・搬入を行うことは絶対に避けてください。何往復もすることになるかもしれませんが、迅速に出し入れできる量の荷物の量だけにするなど、他の利用者の迷惑にならないように気を配るようにしましょう。

 

トランクルームは不特定多数のお客さまが利用する施設です。

お互いが気持ちよく利用できるよう、最低限のマナーを守るように心がけることが様々なトラブルの未然防止になるはずです。